便秘と体臭

便秘は体臭を悪化させる!

便秘と体臭についてということですが、この両者全く関係ないように感じますが、実は密接に関係しているということが分かっています。

 

ここではその理由について触れてみたいと思います。

 

体内で臭いが発生するのは口と大腸だけ

 

体の内部で臭いが発生する場所というのは、口と大腸だけだといわれています。

 

それは、臭いの原因とされているのが、雑菌の影響が強いからだといわれています。この雑菌が住みつける場所というのが口と大腸なのです。

 

この二つのうちで体臭にまで影響を及ぼすのは大腸です。

 

口の場合は、歯磨きや唾液、飲食などで大幅に低減されていますので、大腸の環境の方が大きく影響します。

 

なぜ大腸の臭いが体臭に?

 

便秘によって悪化した腸内環境が、なぜ体臭をきつくさせるのかといいますと、便や雑菌などが作り出す悪臭は、大腸より吸収されて血流に乗り体表部に到達するからです。

 

なので、便の臭いが血流に乗って体表部より放出されているので体臭がきつくなるのです。

 

体力が低下すると毛穴の開け閉めがうまくいかなくなる

 

便秘イコール体力の低下ではありませんが、便秘を放置しておくと腸内環境が悪化して、それが体力低下へと繋がります。体力が低下すると、体表部の毛穴の開け閉めがうまくいかなくなり、汗と共にミネラルや脂質などが漏れ出してしまいます。

 

それら成分が皮膚にあふれ出ると細菌が繁殖しやすくなり、その細菌が強力な不快臭を発します。

 

よって、便秘を悪化させてそれが長期に及ぶと体臭の原因になるのです。

 

現代の最先端医学でも、体臭を改善するにはヨーグルトや漬物などを乳酸菌を含むものを摂取して腸内環境を改善することを勧めています。

 

このように、確実に便秘などで腸内環境を悪化させると体臭の原因になることが分かっていますので、日頃から便秘を改善して体臭予防に努めることが大事です。

 

便秘は日々の努力次第で確実に改善できますので、デオドラントなどに気を使うよりも、便秘改善に気を使った方がより確実で間違いのない方法だといえます。