便秘茶の安全性

便秘茶は本当に安全?

現代はどんなものに対しても「安全性」というものが求められていますよね。

 

これは当たり前のことであり、全ての情報を開示して安全性を供給者側、需要者側双方で確認し合わなければなりません。

 

これは便秘茶でも然りであり、医薬品などほどきつい縛りはありませんが、それでも日本国内で販売される以上、きちんとした安全確認がなされないと販売できない仕組みとなっています。

 

製品としての安全性

 

便秘茶は品物としては健康食品扱いとなり、厚労省によって厳正にチェックされたのち販売されています。

 

厚労省ではその商品が流通する前に食品衛生法などに則りチェックすると共に、流通した後でも随時消費者からの意見を募ったり、健康被害の危険性がある健康食品に関しては是正勧告を出したりして随時チェックしています。

 

なので、全て安全とは言い切れませんが、ほぼ製品として毒性物質が混入しているなどということはないと思われます。

 

便秘茶の副作用について

 

便秘茶は当然ですが、便秘に効果のあるお茶ということになります。

 

なので、適さない方が飲むと必要以上に腸を刺激してしまい下痢をしたり、胃腸が弱い方が服用すると食欲不振や胃もたれといった不快症状が発生することがあります。

 

一番多いのはセンナやキャンドルブッシュ、アロエ・フェンネルなどの腸壁を刺激する便秘茶によるものです。
これら成分は市販の便秘薬にも使われている成分であり、過剰に摂取すると腸壁を過度に刺激して下痢を引き起こしたり、ひどい便秘を引き起こしたりする原因になります。

 

又、食物繊維も胃腸が弱い方が摂りすぎると胃もたれや食欲不振の原因になるので注意が必要です。

 

何でもそうですが、効果があるものは逆にいうと適さない人が服用するとよくない作用を及ぼします。

 

なので、初めて摂取する場合には少量ずつ様子を見ながら飲むようにしましょう。
様子を見てあまり副作用的な症状がないのであれば、その後は安心して服用しても大丈夫だと思います。

 

しかし、継続して長期に渡り摂取する場合には、最初は副作用的な症状はなくても、体に成分が停滞してある日突然不快な反応が出ることがあります。

 

よって、長期に渡って服用する場合も随時自分の体を観察して何か良くない反応が出ればすぐに服用を中止して様子をむることにしましょう。